育毛に必死な父は寝ぐせを見て羨ましがります

父はもうすぐ50歳。
45歳位から頭の毛が目に見えて薄くなりはじめました。
詳しい理由はわかりませんが、リストラが原因じゃないかな?
と思います。
次の仕事を見つけるのに3ヶ月くらいかかっていたけど約半年で辞めてアルバイトみたいな仕事をしていたようです。
その頃から母との関係がギクシャクしてきたように思います。
今はまた正社員なのかはわからないけど毎日仕事には行ってますが、母との関係はなんか妙な感じです。
わたしたちの前では普通ですけど、あまり会話が無いんですよね・・・
そんな父の頭髪はまるでカトちゃんペッ、みたいなハゲです。
波平さんともいえます。
あ、でも完全にツルツルじゃなくてかなり薄い状態です。
ストレスでの抜け毛でこんなことになるのかは分からないけど、ストレスが原因のハゲはストレスを完全に解消しても毛は生えてこないものなのでしょうか?
なんとなくハゲの問題解決したら生えてきそうなものですけどね。
お爺ちゃんの頭を見ると遺伝ではなさそうです。
二人共まだ健在ですがハゲではないです。
抜け毛が激しかったころは抜け毛防止や抜け毛予防のためにいろいろしていました。
シャンプーはもちろんだし食生活もワカメをよく食べていました。
味噌汁には必ず海藻入の乾燥ワカメを入れてました。
『頭皮には潤いが必要なんだ。』といって母の化粧水を使ってマジギレされてました。
『これはハゲ薬じゃないから!』と言っていた母が少しだけ鬼に見えました。
正直、ここに愛は無いな・・・
と子供ながらに感じた瞬間です。
育毛剤はいろいろな種類を試していたようです。
今ははぴねすくらぶの育毛剤を使っていると言っていました。
わたしにはなんだか分からなかったけど緑色のボトルが印象的な新髪24という育毛剤です。
今となっては抜け毛予防というより毛を生えさせる薬じゃなきゃだめですけど難しそうですね。
まぁ、いつも見ていると慣れてくるのでこちらとしては気にならないのですが、本人はきになるんでしょうね。
でもあまり気にしないで堂々としていてほしいなとも思います。
少なくとも弟のスーパーサイヤ人みたいな寝ぐせを見て『いいなぁ・・・』というのはやめて欲しいですね。